ホーム » 風俗ブログ » 横浜・曙町イメクラでナースと患者の変態プレイ

横浜・曙町イメクラでナースと患者の変態プレイ

ハマヘルで楽しむ変態ナースプレイ

横浜の風俗と言えば、ハマヘルこと横浜ヘルスは外せません。今宵は、曙町でお医者さんご子が楽しめるイメクラ店に行ってきました。受付では、店員さんが、このコースならこのオプションがオススメ、あるいは割引クーポンが使えますよと、丁寧に教えてくれます。都内のぞんざいな接客とは雲泥の差がありますね。

こちらのお店は、女の子が全員ナースさんで、客は、セクハラ医者になったり、変態患者になったりしてプレイを楽しむことができます。私は、変態患者で行くことにし、お相手として愛美ちゃんを指名しました。

あそこを手術しないと死んじゃう!? とんでも設定にニヤニヤ

待合室には、同士が4人いましたが、大箱なので次々にプレイルームに案内されます。予約なしで来店した私も30分ほどで案内してもらえました。

部屋に入ると、写真よりもメイクが濃い、ギャルっぽい感じの愛美ちゃんとご対面です。「お待たせしましたー。愛美です。よろしくお願いしまーす。痛いところないですか? お注射しちゃうよー」と、アニメ声。しかも注射されたら痛いでしょってツッコミはなし。

すでにナースルックの愛美ちゃんは、イメージプレイの準備を、私は、シャワーを浴びます。そのあと、ベッドに腰掛けると、愛美ちゃんは、目をウルウルさせながら、「今日は、どうしたんですかー。おちんちん痛くなっちゃったのかなー?」とアニメ声で話しかけてきます。「いや、痛」と言いかけた瞬間、舌を入れてくるディープキスで襲われます。「んあーっ!」と焦っていると、彼女は、「これは重症ですね。手術しないと死んじゃいます」といって、なぜか乳首舐め。くすぐったくって、身をよじっていると、「手術中ですから動かないでください」と怒られてしまいます。真面目にやってるのか、そうでないのかわかりません。いや、明らかにふざけてます。でも、決して素に戻って笑わないのがエライですね。こっちは、乳首はくすぐったいわ、言ってることはおかしい、とんでも設定にニヤニヤしっぱなしたが。

おちんちんの手術は、パクッとフェラチオ

すると、突然彼女が「おちんちんの具合はどうですかー?」とバスタオルを剥ぎ取ります。彼女が私の身体に跨ると、ナース服は上着だけで、下は、ノーパン! アソコが丸見えです。あっと思った瞬間、ムクムクとチンポが大きくなってきました。それを見た彼女は、「あ、大変です。おっきくなってきました。手術します!」と、また手術となりました。といっても、チンポをパクッと咥えてフェラするだけなんですけどw。しかも、しばらくすると、彼女はナース服の上着を脱ぎ、全裸になって、「私も感染してしまいました! 手術お願いします!」と、クンニを要求されます。おかしな状況の中、シックスナインで互いの性器を舐め合います。私が、クリトリスを舐めたり、膣内を刺激すると、彼女は、「うー、うっうー、あんん、んはっ」と感じてしまって、「先生、ちょっと手術できません。先生の方は手術を続けてください」と、私は患者のはずなのにと思いながらもクンニ、指入れを続けました。そして、「んあ~、手術成功です~!」という絶叫をもって、彼女は果ててしまいました。

しかたなく、「あ、あのー、看護婦さん。こちらも手術お願いしますよ」とナースコールすると、亀頭やカリ、裏筋を舐め上げたりと多彩なフェラチオを披露してくれます。なかなかうまいなと感心していたら、彼女は、身体を起こし、ローションを垂らして騎乗位素股を始めました。その素股ですが、手の使い方が絶妙で、本当に挿入しているかのようでした。おかげで私も無事、手術終了となりました!

帰り際、「またのご入院お待ちしております」と言われたので、ついに噴き出してしまいましたとさ!