ホーム » 風俗ブログ » 池袋のソープランドで極上ボディをガンガンに突きまくる

池袋のソープランドで極上ボディをガンガンに突きまくる

池袋の指名ソープ嬢は、パネマジ? でも身体は極上

平日の早朝、池袋北口のとあるソープ店に行ってみました。いつもはフリーで突入するのですが、前回ひどい目にあったので、気を取り直して、写真指名です。しかし、残念なことに指名嬢にドタキャンされてしまいました。店員さんに次回使えるクーポン券をもらって、別の子を改めて指名します。できれば、こちらの指名料をサービスしてほしかったですね。

さて、待つこと20分。店員さんに声をかけられ、指名した純ちゃんがお目見えです。受付で見たパネルは、悪く言えばパネマジ、良く言えば奇跡の写真って、ですかね。現物は、半減って感じです。彼女に手を引かれて、プレイルームへと移動します。

「今日は、お仕事お休みですか?」など、他愛のない会話の後、服を脱ぎ始めます。先ほど半減と言っていましたが、それは顔立ちについての話で、身体は、フェロモン溢れまくりの色気ムンムンのグラマラスボディでした! バストはEカップ、しっかりとしたクビレとプリンプリンのお尻。プロフィールの22歳というのは、実年齢かもしれません。これでマットプレイがあったら、さぞ気持ち良かっただろうなと思いましたが、ショートコースを選んでいたので、それはなし。

乙女のように目を閉じれば、そこには極上ボディ

純ちゃんは、手際よく泡立てると、全身を使って私の身体を洗い始めます。顔さえ見なければ、極上ボディによる密着洗体です。湯船に浸かることなく、サッとシャワーで流し、ベッドに移動します。

私は、ベッドにゴロリと横になると、純ちゃんが覆いかぶさってきます。でもやっぱり顔が……。私は、乙女のように目を閉じ、マグロになりました。顔さえなければ極上ボディです。揉み心地は最高です。目を閉じ、おっぱいを揉んだり、乳首を吸ったり、お尻を撫でたりして、やがてシックスナインの体勢に。パックリと割れたアソコを何度も舌で愛撫します。あの顔が思い浮かびますが、それを瞬殺して、一心不乱に! 純ちゃんも必死にフェラチオしてくれます。「実は、いい子なんじゃないかな?」と思わせる献身的なものでした。

アニメ声で喘ぐソープ嬢をバックで突きまくる

性的興奮が高まったところで、恋人同士のふたちは、合体とあいなるわけですが、目を閉じながら正常位というのもなんなので、バックで突くことにしました。気がつきませんでしたが、いつのまにか、スキンがすっかり付けられています。シックスナインから身体を引き抜き、そのまま後ろから、ヌプッと挿入。彼女のクビレを掴んで、これでもかとガンガンに突きまくりました。

すると、純ちゃんは、アニメ声っぽいかわいい声で鳴くではありませんか。腰を掴んでいた手は、いつしか豊満なEバストを鷲掴みにし、恍惚のうちに射精! 純ちゃんは、スキンをとると、何とお掃除フェラできれいにしてくれました。顔について、ひどいことを書いてましたけど、総じて良い子でしたよ!