ホーム » 風俗ブログ » 池袋の激安デリヘルでトラウマレベルの地雷嬢でもフェラはデラうま

池袋の激安デリヘルでトラウマレベルの地雷嬢でもフェラはデラうま

池袋の激安デリヘルは、地雷嬢か

激安すぎると、もの凄いレベルの風俗嬢、地雷嬢が出てきたり、あれもオプション、これもオプションと言われ、あれよあれよと高額請求されたりという被害報告が、ネットのクチコミで散見されます。そうした被害者にはなりたくないよなー、でもお金がないし、もしかしたら、激安優良店かもしれない!と人間は都合よく解釈するようにできているようです。いや、少なくとも私は。

というわけで、池袋のとある激安デリヘル店に連絡をとってみました。電話をすると、お好みの女性を30分で派遣してくれるとのこと。HPの写真は、どれもプリクラみたいでまったくあてになりませんが、かわいい系とされる樹里菜ちゃんを指名してみました。

お相手は別人28号は、入室と同時にタバコを吸い始める

こちらも激安のレンタルルームで待つこと15分、樹里菜ちゃんのご登場です。例のプリクラ写真は、今どきの女の子っぽい、手足手が長くて顔のちっちゃい子でしたが、「樹里菜でーす」と言ってきたそのデブは、どうして2倍に太れるんだよって蹴りたくなるような骨太、ゴン太、別人28号でした。思わず、「どちらの樹里菜ちゃんですか?」と聞いてしまいました。「えー、じゃあ、キャンセルってこと? もう私よりかわいい子いないよ」って、どういうこと!? これ以上の凄いのが来るってこと!! 愕然としているところを、樹里菜と言うブタさんは、ズカズカと部屋に入ってきてしまったのでした。途端に空気が薄くなり、息苦しくなった気がします。

彼女は、固いマットに「よいしょっ」と腰かけると、「タバコ吸うね」と言って、いきなり喫煙。タバコが苦手な私は、むせてしまって、「ごめん、タバコ勘弁してくれる?」というと、「えー、マジィ?」と逆切れ。いや、こっちがマジィだよという心の声はしまっておいて、「ごめん、人間違えちゃったみたい」と言い訳すると、「お客さんの電話番号これだよね」と動かぬ証拠と突きつけられ、「で、どうする? やる?」とぶっきら棒に言われたのでした。

地雷嬢による即尺に不覚にも勃つ、射精す

無理だ、何も出ないし、勃つはずがないとそう思っていた矢先、むんずとベルトを外され、下半身露出。「私、結構フェラうまいんだから」というと、即尺。不覚にもチンポが勃起してしまった。「ほらねー。気持ちいいっしょ? 私デラうまなんだー」って北海道出身か! 「嗚呼、何か汚されたと言うか、大事なものを失っている」という思いのまま、またまた不覚にも、あっという間に射精してしまいました。

多分、彼女の入室からわずか5分です。まだ、たっぷり時間がありましたが、引き留める気は毛頭おきません。差し出された手にお代を渡すと、彼女は去って行きました。

もう、トラウマレベルで激安デリヘルを再び利用できるようになるまでには、かなりのリハビリが必要です。